運命のファンデーション探し

あなたは運命のファンデーションを見つけましたか?

ファンデーションは、メイクアップの基本ですよね。
近年ではその種類も様々で自分に合うファンデーションにまだ出会えていない人もいるのではないでしょうか?
ここでは、ファンデーション選びのポイントをまとめているので、是非参考にしてみてください!

 

ファンデーションを選ぶにあたって是非知っておいて欲しいのが自分の肌タイプです。
肌タイプを見極めておくことで自分に合うファンデーションを絞り込むことができますよ。

 

転職エージェント
一般的な会社への就職はマイナビエージェント。ITエンジニアやクリエイターにはレバテックキャリアなどの専門的な求人を取り扱うところを活用しましょう。
http://転職の道しるべ.com/sonota/agent/

 

普通肌 肌タイプで言う『普通肌』とは、水分と油分のバランスが整っていて最も理想的な肌です。
脂性肌 『脂性肌』とは、皮脂が過剰に分泌されてしまうお肌を言います。常に肌がべたついていて、洗顔後でもすぐにテカってしまうことが多いタイプのお肌です。
混合肌 『混合肌』には様々なタイプがありますが、一般的に、乾燥肌と脂性肌の特性を合わせもっている肌が多いようです。Tゾーンは脂性肌でべたついているのに、口周りは乾燥肌でかさついてるようなタイプのお肌です。皮脂の分泌が多いので、ニキビになりやすい肌質です。
乾燥肌

『乾燥肌』は、水分と油分ともに不足しているお肌をいいます。夏の乾燥していない季節でもお肌が乾燥してしまったり、冬の乾燥が特に厳しい季節には乾燥して白い粉をふいたような状態になってしまったりします。
乾燥肌が悪化すると、敏感肌やアレルギー肌になってしまうので注意が必要です。

 

転職エージェント 大手
規模の大きな就職先を見つけるには、比較的有名な企業のサービスを活用するのが定石です。
http://転職エージェント9大手.com/

 

 

パウダーファンデーション

コンパクトに入っていて一般的に誰にでも使いやすいタイプのファンデーションです。
手間も要らず、化粧直しも簡単です。
使い心地が軽いものが多いのも特徴です。

 

リキッドファンデーション

液状タイプのファンデーションで、ビンやチューブに入っています。
使用するときには、スポンジを使うのが一般的です。
リキッドファンデーションを塗った後に、パウダーやおしろいなどをつけると化粧崩れがしにくく、見た目も綺麗に仕上がります。
カバー力には優れたものが多いので、ニキビ後や肌の質感が気になる人には特におすすめです。
使い心地は、軽いものから重たいものまで商品によって様々です。

 

スティックファンデーション

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの間に位置するタイプのファンデーションでスティック状になっています。
スポンジなどは不要で、そのままお肌につけて使うのが一般的です。
カバー力には優れていますが、ムラが出やすく、初心者には難しいかもしれません。
リキッドファンデーションと同じく、スティックファンデーションをつけた後に、パウダーやおしろいを使うと化粧崩れを防ぐことが出来て見た目にも綺麗に仕上がります。

 

スプレーファンデーション

ファンデーションがスプレー状になっているタイプで、ヘアスプレーのような要領で顔にスプレーして使います。
カバー力は自分で調節ができますし、意外にムラにもなりにい感じです。
使用方法も簡単ですし、お化粧直しもスプレーするだけで終わるので簡単です。
好き嫌いは人によってだいぶ分かれるタイプのファンデーションだと思います。

 

クリームファンデーション

クリーム状になっているタイプのファンデーションでビンの容器に入っているものが一般的です。
カバー力には優れていますが、ムラになりやすく初心者には難しいかもしれません。
スポンジなどにとってや、指で使用することができます。
使用感は重たいものが多いようです。

 

水ファンデーション

油分が全く入っていないタイプのファンデーションです。
リキッドタイプのファンデーションよりさらにサラサラでどちらかと言うと化粧水に近いくらいのものです。
油分入っていないので、特に脂性肌や混合肌の人、油分が入っている感じが好きではない人におすすめです。
使用方法はムラになりやすいので簡単でないのですが、使い方をマスターすれば素肌に近いナチュラルな仕上がりで非常に綺麗に見えます。

 

 

 

更新履歴